最近の記事

2008年07月23日

遺言書を破り捨てた子どもを許し、その子に相続させる遺言の作成

今日の遺産相続相談

●相談者


私の長女は、以前私が作成した遺言を破り捨てたため、欠格事由に該当し、相続人の地位を失いました。しかしその後、長女が十分反省したため欠格を許そうと思います。


■アドバイス



遺言による欠格につて


以下の者は、欠格該当者として相続人となることはできません。


  •  故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者

  •  被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者(ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは例外とする)

  •  詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をし、撤回し、取消し、又は変更することを妨げた者

  •  詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者

  • 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者



今回の相談者は、長女が遺言(遺言状)を破棄したということですから、民法891条5号の欠格事由に該当します。

民法は推定相続人の廃除の取消しを明文上定めていますが、欠格の宥恕(ゆうじょ)については何も規定していません。

しかし、被相続人の意思に反してまで同人の財産処分の自由を制限する理由は乏しいことから、欠格の宥恕(ゆうじょ)は認められると解されています。

欠格の宥恕(ゆうじょ)があれば、相続開始の時に欠格者でなかったものとして取り扱われることになります。


遺言執行者の指定について


相続人間でトラブルが生じる可能性がある、又は相続財産が複雑で多額に及ぶときには、法律の専門家である弁護士や行政書士等に遺言執行者となってもらうことが望まれます。

遺言執行者に対する報酬は、家庭裁判所が相続財産の状況その他の事情によって定めることになります。

もっとも、遺言者が遺言に報酬額を定めた場合には、その報酬額に従うこととなります。



本日の相談者における遺言書のひな形はこちら


posted by なり at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供への相続相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。