最近の記事

2008年07月24日

遺言書の作成方法と注意事項とは

<strong>遺言書の基礎知識



遺言書の作成方法と注意事項


遺言(遺言状)の方式には民法に定められており、その方式を満たさなければ、遺言(遺言状)としての効力が認められないことになります。

また、それぞれの方式の長所・短所を考慮して、各人の置かれている状況に応じて最適なものを選択するのが良いでしょう。

遺言(遺言状)は、被相続人が死亡後の自己の財産に関し最終意思を表示した場合には、その意思を尊重するという制度です。

もっとも、被相続人の意思が効力を生じる時には被相続人は既に死亡しており、遺言(遺言状)が被相続人の意志に基づくものであるのか、被相続人の意思の内容がどのようなものであるか、をめぐって相続人等の利害関係人の間に争いが生じる可能性があります。

そこで民法は、遺言者の真意を明確にし、遺言(遺言状)をめぐる紛争を防止するために、遺言の方式及び遺言をすることができる事項を厳格に定めています。


遺言(遺言状)は15歳以上の人であれば誰でもいつでも自由にすることが出来ます。

遺言(遺言状)をしたくなければしないことも自由です。一度遺言をしたとしても、遺言の方式に従えさえすればいつでも遺言の全部または一部を自由に撤回することができます。

遺言自由の原則を保障するために、遺言者は遺言を撤回する権利を放棄することは出来ません。

また、詐欺などによって被相続人に相続に関する遺言をさせたり、撤回、取り消し、変更させた者は相続人になることはできないと定めることにより遺言の自由を担保しているわけです。

このように、遺言(遺言状)によって遺産の処分を自由にすることができるのが原則ですが、相続人の遺留分を害することはできず、遺留分の点で遺言自由の原則は制限されています。

ラベル:遺言 相続
posted by なり at 14:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 遺言の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております。
p-netbanking と申します。当サイトでは、
「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
お借りしてご案内をいたしました。
是非とも、貴ブログのご登録、及び、
ランキング参加を御願いできれば幸いです。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
検索バー横にブログ登録フォームがあります。
また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
なお、全く興味のない方は、削除してください。
失礼いたします。
Posted by magazinn55 at 2008年07月24日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。