最近の記事

2008年08月11日

妻と妹に相続させ、弟に相続させない遺言作成

今日の遺産相続相談


●相談者

私には妻と兄弟(弟と妹)がいます。弟とは折り合いが悪く疎遠ですが、近所に住む妹とは長年助け合ってきたので、遺産は妻と妹にだけ相続させ、弟には相続させたくないと思います。


■アドバイス


遺言(遺言状)による相続分の指定について


妻と兄弟が相続人の場合、妻の法定相続分は4分の3、兄妹の相続分は4分の1で、兄弟が2人以上いる場合は、頭割りになります。

この共同相続人の相続分は、遺留分に関する規定に反することはできないという制約がありますが、被相続人は遺言(遺言状)で変更することができます。

そして、兄弟姉妹には遺留分がないので、この事例において、被相続人は折り合いの悪い弟に相続させないこともできます。


遺言(遺言状)で特定の遺産を特定相続人に相続させるについて


特定の遺産を特定相続人に「相続させる」趣旨の遺言(遺言状)によって不動産を取得した相続人は、単独で所有権移転登記手続ができ、また、その権利を登記なくして第三者に対抗できるという利点があります。



本日の相談者における遺言(遺言状)のひな形はこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。