最近の記事

2008年08月13日

妻子と別居しており、世話になった姉と妹に相続させる遺言作成

今日の遺産相続相談


●相談者

私は、妻子と長年別居しており、近所に住む姉と妹に生活の面倒を見てもらっていましたので、妻子には相続させず、姉と妹に遺産を相続させたいと思います。


■アドバイス


相続権のない姉妹に遺産を承継させる方法について


兄弟姉妹は、被相続人に子供やその孫等の代襲相続人がなく、直系尊属(両親・祖父母)がいない場合に、初めて相続人となります。

したがって、妻子がいる被相続人の姉妹には、相続権はありません。

しかし、相続人でなくとも、遺言(遺言状)の効力発生時に生存していれば受遺者になることができるため、被相続人は、妻子がいても、相続人でない姉妹に遺贈により遺産を承継させることができます。


妻子の遺留分


ただし、遺贈には、遺留分に関する規定に違反することができないという制約があります。

妻子には、被相続人の財産の2分の1の遺留分があります。

したがって、妻子が遺留分減殺請求権を行使すれば、相続財産の2分の1は、妻子に移転します。

被相続人が、遺言(遺言状)の中で、遺産が形成された原因など妻子に相続させない趣旨に言及することも考えられますが、その記載に拘束力はなく、妻子の遺留分減殺請求権を奪うことはできません。

もっとも、遺留分減殺請求権は、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知ってから1年以内に行使しないと時効により消滅しますし、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知らなくとも相続開始時から10年を経過したときも、消滅します。

したがって、この事例のような遺言(遺言状)であっても、妻子が遺留分減殺請求権を行使しなければ、被相続人の姉妹に遺産をすべて残すことができます。



本日の相談者における遺言のひな形はこちら


2008年08月11日

妻と妹に相続させ、弟に相続させない遺言作成

今日の遺産相続相談


●相談者

私には妻と兄弟(弟と妹)がいます。弟とは折り合いが悪く疎遠ですが、近所に住む妹とは長年助け合ってきたので、遺産は妻と妹にだけ相続させ、弟には相続させたくないと思います。


■アドバイス


遺言(遺言状)による相続分の指定について


妻と兄弟が相続人の場合、妻の法定相続分は4分の3、兄妹の相続分は4分の1で、兄弟が2人以上いる場合は、頭割りになります。

この共同相続人の相続分は、遺留分に関する規定に反することはできないという制約がありますが、被相続人は遺言(遺言状)で変更することができます。

そして、兄弟姉妹には遺留分がないので、この事例において、被相続人は折り合いの悪い弟に相続させないこともできます。


遺言(遺言状)で特定の遺産を特定相続人に相続させるについて


特定の遺産を特定相続人に「相続させる」趣旨の遺言(遺言状)によって不動産を取得した相続人は、単独で所有権移転登記手続ができ、また、その権利を登記なくして第三者に対抗できるという利点があります。



本日の相談者における遺言(遺言状)のひな形はこちら


2008年08月09日

兄弟には相続させず、妻に全ての財産を相続させる遺言の作成

今日の遺産相続相談

●相談者

私には妻と兄弟がいます。兄弟とは疎遠で数十年行き来がないので、妻に全ての遺産を相続させようと思います。


■アドバイス


妻と兄弟姉妹が相続人の場合の法定相続分について


遺言(遺言状)がなくても、妻は、法定相続分を相続することができます。

妻と兄弟が相続人の場合、妻の法定相続分は4分の3、兄妹の相続分は4分の1で、兄弟が2人以上いる場合は、頭割りになります。



遺言(遺言状)による相続分の指定について


この共同相続人の相続分は、遺言(遺言状)で変更することができますが、遺留分に関する規定に反することはできないという制約があります。

しかし、妻と兄弟姉妹が相続人の場合、兄弟姉妹には遺留分がないので、被相続人は、妻の相続分を増やすという方法をとることもできますし、この相談者のように妻に全ての遺産を相続させることもできます。


本日の相談者における遺言のひな形はこちら

2008年08月01日

兄弟よりも妻に多くの財産を相続させる遺言の作成

今日の遺産相続相談

●相談者

私には兄弟がいますが、それぞれ独立して生活をしているので、自分の死後一人暮らしになる妻に多くの遺産を相続させたいと思います。


■アドバイス



妻と兄弟姉妹が相続人の場合の法定相続分について


遺言(遺言状)がなくても、妻は、法定相続分を相続することができます。

この相談者の場合、妻と兄弟3人が相続人のケースです。

妻は、被相続人の遺産の4分の3、兄妹がそれぞれ12分の1を相続することになります。



遺言(遺言状)による相続分の指定について


この法定相続分は、被相続人が遺言(遺言状)で変更することができます。

しかし、遺留分に関する規定に反することはできないという制約がありますので注意してください。

妻と兄弟姉妹が相続人の場合、兄弟姉妹には遺留分がないので、被相続人は、妻にすべての遺産を相続させることもできます。



本日の相談者における遺言状のひな形はこちら

ラベル:遺言 相続

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。